高山右近資料館 ギャラリー・ジュスト

秋のちょこっと教養講座終了しました。

今月14日に「ちょこっと教養講座」第4回目が無事に終了いたしました。
外を歩くと前々からお伝えしておりましたが、それでも5人のお客様が参加されました。

歩くにはいささか汗ばむ時でしたけれど、西外惣構、西内惣構の露出している遺構を訪ねてまいりました。

高山右近が金沢を追放されて400年が経ちましたけれど、彼の残した働きの残滓が今も金沢の中にあるということはうれしいことです。

また、先だってもある方からお訪ねしたいとの連絡をいただきましたが、結局その方が希望している時間をはるかに過ぎてその連絡を知った次第。それでも、せっかくのご連絡でしたから、改めてこちらよりお詫びの連絡をさせていただきました。

何とご自分の職場で高山右近展をするのでその資料がほしいというお話でした。早速、お訪ねいただけなかったお詫びを兼ね、館長があちらこちらで講演してきたレジュメなどをお送りさせていただきました。

次は12月のクリスマスの季節に、富山県高岡市で「友の会」の集まりにお声をかけていただきましたので、せっかくですから400年前の金沢のクリスマスの様子をお話ししに出かけてまいります。

その次はいよいよギャラリーとしてのメインイベントは来年3月に予定している「国際交流サロン」を会場にしての展覧会です。何とか恥ずかしくない展示をしたいと準備をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です