高山右近資料館 ギャラリー・ジュスト

新しい年がはじまりました

主の年、2017年が始まりました。

今年のギャラリーのメインは何と言っても2月7日に実施される高山右近の列福式に出席することです。翌日は巡礼の皆様をご案内して、高山家にお邪魔することになりました。9日カトリック金沢教会での列福感謝ミサに出席。

次は3月7日から12日まで国際交流サロンにての展覧会。実はこの展覧会をどう展示しようかと頭を悩ませています。
「キリシタンの視点での金沢」と言うことがテーマです。
この展示のために幾つかのサプライズを考えています。

もちろん、毎日400年前の金沢に想いを馳せてグレゴリオ聖歌も歌います。これもお楽しみに。

***

添付の写真は、金沢城にある刻印です。

高山右近が追放された後で彫られたもののようです。なんと逆さ五芒星。

ヨーロッパではこの印は反キリスト、或いはサタン礼拝の印として知られています。どうしてこのような物が金沢城にあるのでしょうか。風水による鬼門封じとは趣が異なります。

その辺りの事情を知りたくありませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です