高山右近資料館 ギャラリー・ジュスト

西洋音楽を聴く会、終了しました。

image

高山右近時代の音楽を聴く会が終わりました。

昨日実施されました「高山右近時代の音楽を聴く会」には4人のお客様がお越しになりました。

熱心にメモを取られ、400年前に金沢で歌われたであろう西洋の音楽に耳を傾けていただきました。

昨日の音楽、とりわけ合唱と呼ばれるものとは趣を異にする音楽であったと御理解いただけたかと思います。

とは言え、今回のテキストとしたものは必ずしも金沢のどこかで埋もれていた資料を発掘してというものではありません。その様な物を今までに館長としては聞いたことも見たこともありません。

他の地域で歌われていた事ごとを参考にしてのものでした。

昨年の大河ドラマの中で、荒木村重の居城である有岡城で登場した聖堂で歌われていた曲は In Paradisum と呼ばれる曲です。これは葬式用の聖歌なのですが、葬式でも無い通常の時に歌っているのはどうなのかしらと思いながらテレビを見ておりました。

今から450年以上前に、豊後の国、今の大分県である人物の葬儀の時にこの聖歌が歌われたと記録されています。

その時、その人物を失った家族の一人の少年が、聖歌を聞いて滂沱の涙を流したというレポートが宣教師の資料の中にありました。

戦乱の時代、人の魂が神のみ使いに導かれてパラダイス(当時はパライソと言っていたようですが)に行けることは何よりも平安を与えることであったわけです。

今回の資料のために作成いたしましたCDがあります。

このCDはYouTubeの中から見つけてきたものをリッピングして音声だけをCDにいたしましたから、資料として聞くためので観賞用になるかどうかは本人次第でしょう。ただ、ちょっとめずらしいファイルでもあるでしょうから、せっかくなので御希望の方にだけお分かちいたします。どうぞご連絡ください。

その時には送料とCD制作するための実費のみはご負担下さいね。

まもなくギャラリーも開館2周年を迎えます。どのような企画をしようかと検討しております。

4 thoughts on “西洋音楽を聴く会、終了しました。

  1. 市野政代

    ご無沙汰いたしております。名古屋めぐみ教会の市野です。覚えていてくださるかしら?
    奈良先生(私には三川先生とお呼びする方がしっくりくるのですが)が館長をされていると知ってから、時々Facebookからブログを拝見させていただいています。今回の企画「西洋音楽を聴く会」のCDを送っていただけるとのこと。興味がありますので申し込ませていただきます。送付先は名古屋めぐみ教会で市野宛にして下さい。よろしくお願いします。

  2. 稲葉郁子

    はじめまして。いつも興味深く拝見しております。
    横浜在住の歴史を愛するきりしたんです。
    CDをぜひいただきたいのですが!!
    申し込み方法等お知らせいただければと思います。

    学生時代、加賀藩と前田家に興味がありましたので、何度も金沢を訪れました。
    6月に北陸新幹線体験がてら久しぶりに行ってみようかなと計画中です。
    ギャラリーにも立ち寄らせていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です