高山右近資料館 ギャラリー・ジュスト

キリスト教史学会で発題しました

今週末14日(金)~15日(土)にかけて、金沢で第69回「キリスト教史学会」が行われました。

館長は地元の研究者として学会より御招待頂きまして、北陸におけるキリスト教の影響をテーマにお話をさせていただきました。

長くても30分で話すように言われていたのですが、勿論自分では気をつけて話したつもりでも、お聞きになっていた皆様から、途中から講談調子になっていましたねと言われてしまいました。熱のこもった話をしてしまったようです。やっぱり高山右近がらみだと、どうしても熱が入ってしまうのでしょうかね。

大変アカデミックな時間のはずなのに、申し訳ない!

でも、金沢に帰ってきて、アカデミックな話に終わらず、是非とも兼六園や金沢城に出掛けて頂きたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です